>

エコロジストの第一歩

ほとんどが再加工可能です

スーパーのレジ袋やペットボトルなどは石油から作られていますので、燃やすことができます。
ですが有害な物質が発生してしまうものもあるために分別しなくてはいけません。
ペットボトルなどはリサイクル技術の発達で様々な製品に加工されますが、リサイクルが難しい物は埋め立て処分することになります。
逆にガラス瓶は燃やすことができません。
燃やしても溶けていくだけでなくならないのです。
ですが、リサイクルをするとほぼすべてを製品に加工することが可能です。
最初にガラスを作る時も珪砂や石灰石などが原料になりますが、これらは普通にどこにでも存在する物質です。
ただ、無限にあるわけではないので採取するためには山などを掘る必要があります。
瓶を100%リサイクルできれば、環境保全にも役立つのです。

今の時代にピッタリな容器

普段何気なく利用している瓶ですが、リサイクルの時には思った以上に様々な製品に生まれ変わっています。
この記事の最初に3Rに触れましたが、あと一つ「リデュース」はどうなってるのでしょうか。
現在では瓶を軽量化する技術が発達しています。
最初の段階で原料を節約し輸送コストも抑えることで「3R」が完成しているのです。
軽量化、回収して再使用、ガラス製品の原料として再利用と、まさに「3R」を成立させている瓶は今の時代にぴったりと合うエコロジーな容器といえるでしょう。
飲料などの入れ物というだけではなく使用後もまだまだ役立つ瓶。
中身を美味しくいただいた後は、正しく分別して資源として扱うだけで、環境保全の一端を担うことができますね。


この記事をシェアする